忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/17 20:19 】 |
タロットスクール第1期生。グレード1修了
NEC_0444.JPG本サロンのタロットスクール1期生の皆さんがグレード1を修了しました。

グレード1は、初歩的な占いができるよう...になるまでを想定しています。しかし、1期生の皆さんは、初歩的どころかプロの私を唸らせるような占いができるようになりました

グレード1が修了するためには、修了試験に合格しなくてはなりません。本スクールは、予習復習をしなくても身につくことをウリにしていましたので、当然1期生の皆さんも試験があることは前もって分かっていたものの試験勉強をしていなかった様子。流石ですw


まずは筆記試験。皆さん口々に

「やばい! 不合格かも……」
「先生……不合格だったら補習ですか?」

などと自信なさげ。でも皆さん素晴らしい点数。流石です。
実技試験では皆さん緊張気味でも素晴らしい占いができました。3つ実技試験をしたうち最後の試験は1期生の皆さん同士で占い合うというもの。本当の相談ごとを話しながらやる分、占うほうもされる方も必死でした。

皆さん落ち着いた様子でスムーズな会話に的確なアドバイス。素晴らしいw

ルールとして、最初の相談ごとに対するアドバイスをしたあと、相談者役の人は続けて3つの質問をするようになっていました。実際の悩み事を相談内容として選んでいただいただけに、突っこんだ質問の数々が飛び交いました。それに対して綺麗な流れで答えていく1期生の皆さん。私がみても惚れ惚れしました。

「すっきりしました」

という言葉が相談者役の方から出るほどのもの。もうある意味プロとしても通用するレベルです。

本スクールはタロットを学問的に学習するのではなく、カードから発せられる電波みたいなものを読み取って言語化していくものです。だからいわば霊感を開発するようなものです。

だからカードを見るだけでみるみる言葉が浮かぶ。そういう仕組みです。そのため、1期生の方は小難しい理屈を覚えることなく自然に身についていきました。しまいには

「カードがそう言っています」

という言葉が飛び出すまでに! カードと出会ってから3ヶ月程度でここまで上達するのは正直私もビックリでした。

次回からグレード2です。これよりプロの占い師として。そして魔術師としての本格的なレッスンのスタートです。

ちなみに、タロットスクールは個人レッスンでも行っています。自分の都合のいい日時や頻度で受けることができます。霊感がないと思っている方でもご自分の力を実感するカリキュラムになっています。興味のある方は是非w
 

PR
【2012/06/05 00:48 】 | タロットスクール | 有り難いご意見(0)
<<タロットスクール第1期生、グレード2開始 | ホーム | お祓いについて思うこと>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>